旅行もレンタルで ! 
ダスキンレントオールの
「トラベルかしてネッと」















沖縄ダイビングツアー!オンラインで料金、空席が一目でわかる!
J-TRIP

ケラマでシュノーケリング&ダイビングを楽しもう。
格安沖縄ダイビングツアー
沖縄ツアーランド


石垣島現地オプション八重山で楽しむシュノーケリングツアーもあります。
石垣島ツアーランド



 夏の沖縄の楽しみのひとつが海で遊ぶこと。その中でもシュノーケリングは道具さえあれば、手軽にできる遊びのひとつです。みなさんからもおすすめのシュノーケリングポイント等の質問が多く寄せられていますので、このコーナーでおすすめの場所も含めて、いくつか紹介していきたいと思います。

※こちらのページで紹介したビーチの情報ですが、古いものも多数あります。今後の更新の際、新規のものには更新年月日を入れていきたいと思いますので、年月日の記入がないものは多少情報が古いものと理解してください。


準備
◆シュノーケリングセット・・・特に本格的なものでなくても十分に楽しめると思います。ビーチ近くのコンビニ等でもたくさん売っているので、まずは試しにやってみようと思っている人などはこれで十分だと思います。レンタルという方法もありますが、購入しても元は取れると思います。
◆フィン・・・ビーチで手軽に楽しむなら、特に必要ないと思います。自分の足で十分楽しめます。確かにフィンがあれば楽だとは思いますが、思っていたより泳いでしまっているということもあり。
◆シュノーケリングシューズ(アクアシューズ)…ビーチサンダルでは泳ぐには不向き、岩場や珊瑚のビーチでも痛くなくて、しっかりと歩けてそのまま泳ぐことができる。足にしっかりフィットしたものを選択した方がよいです。ゆるいとすぐに砂が入ってきてしまいます。
◆ラッシュガード…沖縄の日差しは強く泳いでいるだけでも日焼けします。日焼け防止や寒い季節での防寒着として着用。生地の厚さや長袖、半袖はお好みで…。某ユ○ク○等のドライシャツなどのTシャツでも代替する人もいますが、Tシャツは水を吸ってしまうので避けたほうが良いです。
◆商品名(マイフリッパー)・・・履いたままでも泳げるサンダル。本格的にやる人はフィンをレンタルしたり持ってきたりするが普通の旅行者は「何もそこまで・・・」との共通の意見。普通のサンダルでは履いたまま泳げませんが、これを履いていれば熱い砂浜も歩けるし、ごつごつした岩場も安全、なにより履いたまま泳げるので便利。値段も1000程度。大人用、子供用サイズも豊富。荷物にならないので事前に購入しておくのも良し、現地にてスーパー等にても購入可能。ただしシーズン中は標準サイズのMは品切れの場合があるので注意。
最近はアクアシューズも安価で種類も多くなったので、↓のような簡易なシューズではなくてしっかりしたものを購入するのも良いかと。
◆軍手・・・岩場で歩いたりする時にはたまに役立つ、もしくはこれがあるとナマコでも何でもつかめて怖いものなし。
シュノーケル・マスク
シュノーケル・スノーケル
シュノーケル・2点セット
シュノーケリングシューズ
ラッシュガード


新城海岸


新城海岸 海の家の様子
宮古島 新城海岸 
 宮古島のシュノーケルポイントとしては下記に紹介している吉野海岸が有名ですが、近年業者による有料駐車場・施設等により、これらを嫌がる人々も少なくない。こちらは駐車場は無料、海の家はビーチ入口を境に2店舗ある。場所的には吉野海岸の少し手前(空港寄り)に位置するところにある。海の家のおじさんも親切で初心者にも分かり易く、泳ぎ方やポイント等を教えてくれます。ビーチに入ってそれ程深くないところにもクマノミが見られるポイントがあり、お子さんでも大丈夫かと思われます。浅瀬が広がる遠浅のビーチなので、潮位はチェックして出かけよう。おすすめです。
◆おすすめ度 


更新年月日 10年6月


古座間味ビーチ


ビーチハウス手前のテラス
座間味島 古座間味ビーチ
 数多い沖縄のシュノーケルポイントの中でも上位クラス。ここでシュノーケルをすると他でのシュノーケルが物足りなくなるくらいの魚影の濃さ。浅瀬からほんの数メートル沖へ進むと急に”ストン”と深くなり、そこからが別世界となる。ここの魚影の濃さはそんな特異な地形からきているからも知れない。(深いといってもそれ程深いわけでもないのでご安心を!) 魚の種類も豊富で、魚の群れに囲まれることもある。本島泊でも日帰りで楽しめる。泊港より高速船で約50分、フェリーで約90分 ※某雑誌の世界のシュノーケルポイント人気ベスト10に入っていた。
◆おすすめ度 


<レンタル用品一覧>
パラソル
ビーチチェアー
パラソルとチェアー(2台)セット
シュノーケル3点セット
注;2003年夏での値段です。

1000円
1000円
2000円
1000円


◆座間味港からビーチまではビーチハウスの有償バスが250円で送迎。徒歩でも20分程、ただし山道を越えるといった感じ。ビーチハウスはしっかりしているがトイレ、着替え、シャワー室は△。シャワー利用の場合は300円。


はての浜


ビーチにあるテラス
阿嘉島 北浜(ニシハマ)ビーチ
 当ホームページのビーチベスト10の上位にもはいっている美しいビーチ。美しいだけでなくこのビーチもシュノーケルポイントとして有名である。話を聞いた限りではかなりのおすすめである。 本島泊でも日帰りで楽しめる。泊港より高速船で約50分、フェリーで約90分 
◆おすすめ度 



瀬底ビーチ


伊江島を背景に…
瀬底島 瀬底ビーチ
 当ホームページで本島ナンバー1のビーチ及びシュノーケリングポイント。他のホームページのビーチランキングでも必ず上位にランクされている、本島から船を使わずに行くことのできる島のビーチ。掲示板でも書き込みは多く是非行ってみたい、そして行った感想もなかなかの評判である。魚の種類も多く、小さな魚から比較的大きな魚、また、色鮮やかな魚も見ることができる。干潮なっても特に魚が減ることもなく、かなり浅いとことでも魚を見ることができた。大人で中腰程度なのでお子さん連れでも十分楽しめると思います。
◆おすすめ度 

※下記のQ&Aの瀬底ビーチについても参考に。
 2008年の瀬底ビーチの現状 参考URL


<レンタル用品一覧>
レンタルテーブル
日よけ付きソファーベット(2人用)
浮き輪(大人用)
浮き輪(子供用)
シュノーケルセット
足ひれ
シーブーツ
スノーケリングフロート

6000円
3000円
1000円
 300円
1000円
 500円
 500円
 500円
瀬底島シュノーケリングツアー
(ゴルフ場の方の海に行くとのこと)
シュノーケルセット・指導込み
体験ダイビング
体験カヌー 1名
        2名

業者管理 
駐車場代(当日に限り出入り自由)
シャワー 冷水
       温水
注:2003年夏での値段です


3500円
6500円
3000円
5000円


1000円
200円
500円


水納ビーチ 水納島 水納ビーチ
 海の美しさや砂の白さは瀬底ビーチにも勝る。ただシュノーケルポイントとしては瀬底よりも魚の数は少ない。沖の方、ブイの手前まで行くと瀬底では見られない大物(といっても、それ程大きいわけでもないが)と出会うこともある。


<レンタル用品一覧>
シュノーケル 500円
ライフジャケット 500円
パラソル 1000円
テント&テーブル・イス 500円
◆掲示板でも瀬底ビーチか水納島か迷われる人が多く見られます。水納島と瀬底ビーチの比較ですが、単純にビーチ勝負ですと、やはり完全な離島である水納島の方が勝ってると思います。高レベルでの事ですけど…。シュノーケルなら瀬底ビーチの方が魚影は濃いです。おそらくどちらを選んだにせよ、かなり満足できるとは思います。
 どちらにするか選択のポイントとしてあげると、瀬底は本島から直接車で行くことができるのに対して、水納島は船を使うということです。つまり、水納島は時間的制約を受けるということです。シュノーケリングはけっこうあっという間に時間は過ぎてしまうものです。どちらも十分に楽しめるポイントですので、旅行の日程等を考慮に入れながら無理のない方で楽しみましょう。


伊計島 湧出(ワジー) 伊計島 湧出(ワジー)
 伊江島の宿泊先の方にシュノーケリングが楽しめる所はと尋ねたところ、水が綺麗という理由でここを薦められた。場所は伊江島北海岸の断崖絶壁の連なる岬の一部。途中湧出展望台方面に進まず、更に道なりに進むと岬に出る。距離があるので車で行くのがよいと思う、ただし特に駐車スペースがあるというわけでもなく4・5台がおける程度なので注意。岩場なので滑りやすいので注意が必要、子供にはちょっと危険。魚の様子はソーセージにて餌付けを試みるが反応は薄い。干潮時岩場に残った水たまりに比較的小さな魚が数種類残されるのでそれで遊ぶのも面白い。


はての浜 久米島 はての浜
 オプショナルツアーでしかほとんど行くことができないが、久米島といえば、はての浜というくらいの人気ビーチ(というより砂州だが)美しさでは沖縄ナンバー1ビーチとも言われているこのビーチでもシュノーケルは楽しめる。種類はそれほど豊富ではないが、餌付けされている魚が突ついてきたりする。どうせ行くのなら必ずやってみましょう。
(写真提供 大城さん)

その他久米島内では畳石周辺あたりもポイントといわれるがこちらでは未確認。


万座ビーチ 万座ビーチ
 人気のある西海岸のビーチの中で唯一シュノーケルをしたビーチなので他の西海岸のビーチとの比較が難しいが、だいたい同じようなのかもしれない。魚影がそれ程濃いわけでもないがそこそこ楽しめる。瀬底へ行きたいが時間が取れない人はこちらで楽しもう。ただし、ホテルのプライベートビーチなので入場料は決して安くない。


前浜ビーチ 宮古島 与那覇前浜
 はての浜と並んでこちらも沖縄ナンバー1といわれている美しいビーチ。魚影はそれ程濃いわけではないがそれなりに楽しめる。魚の数や種類は万座ビーチより若干多い程度。東急リゾート宿泊者には特におすすめのポイント。


吉野海岸 宮古島 吉野海岸
 宮古島内でナンバー1のシュノーケルポイント。宮古でシュノーケルというとほとんどの人がココをすすめる。ただ注意しなければならないのは潮がひいてしまうと浅くなり過ぎて、潮遊びになってしまうこと。


佐和田の浜 伊良部島 佐和田の浜
 宮古島よりさらに海が美しいと人気の伊良部島。人気のビーチは渡口の浜だが、地元の人たちに「魚を見るなら佐和田の浜だよ。」と言われた。結局こちらも潮がひいていたので潮遊びの状態だったが地元の人のおすすめのポイントである。


米原ビーチ 石垣島 米原ビーチ
 人気があって有名なのは底地ビーチだがガイドブックにもほとんど載っていない米原ビーチが地元の人たち一押しのビーチ。確かに観光客の姿はほとんど見られないが魚影の濃さで底地ビーチをはるかに上回る。ただ、こちらも(石垣島のビーチ全般に言えることだが)干潮時には磯遊び程度になってしまう。こちらのビーチも潮の干満の時間を調べてから行くようにしましょう。


仲本海岸 黒島 仲本海岸
 こちらも磯遊びに近い遠浅の海岸だが餌付けされているので多くの熱帯魚等が見られる。黒島では時期は決まっているがオカガニの産卵、サンゴの産卵、海ガメの産卵等が見られることで有名。


新城島 新城島
 有人島ではあるがオプショナルツアーでしか行くことができない島。黒島や西表、石垣からシュノーケルツアーがある。海岸等全く整備されていないが、さすがに海は美しく魚影は濃い。


おすすめのシュノーケルポイント
 ここではゲストの方から頂いたおすすめのシュノーケルポイントをご紹介します。
 初めまして、うちないちゃーです。シュノーケルに興味がある方が多いようで投稿。
おすすめポイントは…本島ではルネッサンスホテル近くの真栄田岬。魅惑の海中洞穴があり、熱帯魚多数。時に大物。日米双方のバーガー屋が出店。公衆トイレやコインシャワーも有り便利。ホテルやマリンショップの有料ツアー(数千円)もあるが、自分で足を運べばタダ。駐車場は無料です。
最寄りでは「神の島」として知られる久高島が超穴場。うちなーの人たちも来ないほど。瀬底ビーチよりも魚影、サンゴとも濃いと思います。休日でもプライベートビーチ状態。渡船料は往復約千円。ただし平日は自分一人だけになることも…。心細い人は、仲間と一緒に行くのがベター。聖地・久高島は自然物の持ち帰りが禁止。渡船乗り場にも張り紙がありました。久高島のシュノーケリングポイントは東岸インリーフのイノー(礁池)です。乗船券売り場でレンタル自転車を借り、北に向かって走って集落を抜けると、海岸に降りる道に通じます。また、島の北端では海岸から沖合約50メートルのアウトリーフで地元の漁業者たちが追い込み漁をしていることも。のんびり座って見学です。
 透明度やサンゴや魚影の濃さ、交通利便性などを総合勘案して「沖縄NO1!」と思うのは、渡嘉敷諸島・阿嘉島のニシバマビーチです。透明度や美しさが八重山や宮古にも全く劣らない上に、那覇市の泊港から高速船で約1時間の近距離(往復約5千円)。日帰りで十分に堪能可能です。遠浅のビーチを50メートルも進めば、生きたテーブルサンゴが群生。そして、突如、水深6-10メートルの白砂の海底が広がる。もちろん、クマノミなど熱帯魚多数。ウツボやウミヘビ、グルクンの群れ、エイやウミガメも出没します。波おだやかで、家族連れにも安心。熱帯魚は、浜辺でひざまでつかれば見学できます。初めて訪れた時、いつかテレビで見た南国の海だ、と感激しました。一方、地元の取り決めで派手なマリンスポーツは皆無。のんびり度や静粛さを、あえて大事にしているそうです。コインシャワー、トイレ、自動販売機、シュノーケル3点セットのレンタル有。ただし、食事はないから、ご持参を。 阿嘉島ニシバマビーチのシュノーケル3点セットのレンタル料金は確か千円。島の宿でも同額で借りることができます。沖縄滞在中に何度もシュノーケリングを楽しむのならば、量販店でセットを購入することをお勧めします。
>はるさん


オプショナルツアー体験
 自然のビーチへ個人で行きシュノーケルを楽しむ場合の他に、ツアーやショップで設置されているオプショナルツアーに参加してシュノーケルツアーを楽しむという選択肢もあります。オプショナルツアーを考えている人もいらっしゃると思いますので掲示板等でよせられたツアーの感想等をご紹介します。
◆チービシ
◎アクセス面と料金
 各社でツアーが組まれて、那覇発着や恩納村発着(サンマリーナホテル)などがあります。(私達は宿泊先がサンマリーナだったのでここから出港。楽でした) サンマリーナ発着は1日2便で、ツアー料金は税込み1人6300円。(往復乗船代・施設使用料・昼食代含む) 高速船で約1時間、チービシに到着します。
※那覇発着・恩納村発着のツアーはサンマリーナホテルのHPに詳細が載っています。

◎島内施設について
 食事処、シャワー室、コインロッカー有り。環境保全の為、島への飲食物の持ち込みやシャンプー類の使用が禁止されています。従って、飲食物は全て島内で調達することになります。
 飲み物はビール、ミネラルウォーター、お茶、ソフトドリンク、カキ氷などが揃い、食べ物はカレー、牛丼、冷やしたぬきうどんの三種類。しかし…はっきり言って…マズーです。子供も残すほどでした。飲食物持ち込み禁止の上、ツアー料金に昼食代が組まれ、いわば強制的にここで食え状態なのですから、もう少しお味の方をなんとかしていただきたいものです。せめて湘南の海の家レベルくらいには。(笑)

◎ビーチについてチービシ
 透明度はかなり高く、浅瀬にもたくさん魚がいます。最干潮時の遊泳はかなり厳しいので、事前にタイドを調べることをお勧めします。遊泳地域内は遊泳区域、シュノーケリング区域と分けられ、どちらも範囲は少々狭いですね。(シュノーケリング区域はライフジャケットが義務付けられています。レンタル可。) また、瀬底のような岩場が全く無く、ちょっと日陰に…ができません。パラソルから出ると「暑い」というより「痛い!」。まさに体感温度50℃。これぞ無人島!の世界です。 マリンスポーツは本島のメジャーなビーチと同じくらいメニューが豊富に揃っています。私達はシュノーケリングツアーに参加しましたが、チービシの海は群を抜いて美しかった!インストラクターの対応も親切丁寧で大満足でした。シュノーケリングツアーはおススメです。

※詳しくはチービシのHPをご覧ください。
チービシ・ナガンヌ島 http://www.nagannu.com/
>桑竹伊助さん(チービシ写真も提供)
◆石垣島 白保

 ちなみに白保はボートエントリー。民宿マエザトのサンゴツアーに参加してきました。マエザトのおじさんはとても親切でおもしろかったです。マエザトのツアー内容は、3つのポイントをゆっくりと回り、最後にその場で獲ったお魚を船の上でさばいて食べさせてくれます。(お腹いっぱいとまではいきませんが)所要時間は約3時間で、民宿のシャワーやトイレを自由に使えて、これで2000円とは安いなーと私的にはとても満足しました。ちなみにシュノーケルセットのレンタル料は1500円です。石垣では白保と米原でシュノーケリングをしましたが魚影の濃さでは圧倒的に米原に軍配が上がりました。その時の海のコンディションにもよるとは思いますが…。米原は腰くらいの深さのところでも15種類くらいの魚が見れました。こっちも楽しかった。

>きぃちゃん
◇オプショナルツアー参加時の注意点
 ツアー料金に何が含まれているのか確認すること。現地で思わぬ出費がある場合もあるので。また、ボートエントリーなのかどうかや、現地での食事の持ちこみの不可など。無人島などでは施設の充実度も重要。行ってしまえば時間がくるまで帰れないので注意しましょう。


Q&A


瀬底ビーチについて
 最近の瀬底ビーチの有料施設についてはあまり評判は良くないようです。無料ビーチ(役所管理)、有料(管理会社)ビーチに分かれてしまったというのはちょっと違うかと思います。利用する私たちとしては基本的に瀬底ビーチは無料のビーチで、駐車場代が1000円ということだけで特に入場料といったものは取られません。あくまでも今まで路駐していたところに有料駐車場ができたと考えた方がいいと思います。ビーチも無料ビーチ、有料ビーチを分かれているわけでもありません。
 今回の夏に瀬底に行った時は、いわゆる民間業者が管理している方へ行きました。駐車場の出入りはその日限りで何回でも自由でした。レンタルチェアーが2人分とテーブル付きで3000円ですが、利用しました。確かに高い印象を持ちますし、パラソル持ちこみ禁止としていてレンタルさせようとする商売的なところは不満ですが利用したくないなら特に強制もされていないし、利用しなければいいと思います。役所管理側のビーチではパラソルを1000円で貸しているようです。町の管理区域の方はトイレ、更衣室がちょっと汚いという情報もあります。シートはどちらも大丈夫だと思います。ただ、業者が管理している方はレンタルチェアーがビーチに数十台既に並んで設置された状態になっています。友人と大勢で行けばそれほど出費にはなりませんが、一家族となるとそれなりの出費になってしまいますね。
 結局は駐車場代を払うか路駐するかの違いのような気がしますが。路駐した場合、混み合うと出しにくくなる危険もありますし、駐禁で捕まるという話もどこかの掲示板で見ました。それが嫌なら駐車場代を払うという感じでしょう。
 でも十分に楽しめるビーチですよ。混雑はやはり午後からでしょうか。夕日の美しさでも有名なので夕方も混んでいるかもしれません。
以下、瀬底ビーチを利用した方のコメントです。
chika1214さん>さて、少し前に瀬底ビーチの件でいろいろ議論されていたので、これから行かれる方の参考になれば・・と思い書き込みさせて頂きました。今回私達はいわゆる1000円払って入るほうのビーチを利用しました。そして実際にパラソルを持ち込んで使用しているご家族やグループがこの日(8/10)3~4組、さらにテントタイプのものを張っている家族も2組見受けられました。いずれの方々も特に業者の方からの注意等は受けていなかったようです。しっかりと設置すれば問題ない、という判断で良いのでしょうか。。ちなみに私達は東京からの飛行機組ということもあり、荷物をなるべく少なくするためパラソル等は持っていかなかったので、3000円のレンタルチェアを利用致しましたが、確かに値段云々はあるかと思いますが、それなりに快適な1日を過ごすことができましたよ。きっと最初からこういった状況(レンタルチェアが3000円とか、、)をわかっていればそんなに現地にいって驚くこともないかと思いますし、パラソルを持ち込むことも可能だと思うので、是非参考になさってください。

あんずさん>瀬底ビーチの路上Pは一杯になるとUターンが出来なくなります。バックでしばらく戻らなくてはいけませんが次々に車が来てしまって危ないです。まだ余裕のあるうちに止めるなら「海を背に」止めて置いた方がイイです。


水納島について
ちゅらかーびーさん>島は遊泳区域に関していえば狭いです。着くと海の家が右と左に別れていますが、左が空いてました。散歩がてら裏(クロワッサンアイランドの外側の弧の部分)へ行く事もできますが、裏は大きい石が多くてダイビングスポットの様でした。

にがうり坊さん>ビーチの右と左ですが、右は水納島の人の営業ビーチ、左は島外の人が営業しているビーチ(組合)と分かれているそうです。


☆ご質問☆
 ビーチへ行きました。水の透明度も高く、魚も見る事ができ、感動したのですが、水中にウジャウジャ動物プランクトンなのでしょうか?透明の動く物体が・・・。体にあたると感覚があるほどの大きさで形もミミズのようなのや、楕円形のものや。朝は割りと浮遊物も少なかったのですが、どんどん増えてきて、水の透明感も変わるほどでした。私も家族も何箇所かチクッとされたり、他の子供達もあちこちで「痛いよー!」と叫んでいたり?くらげの幼生なのでしょうか?あまりにも気になり、自宅に帰ってから、図書館の図鑑などで調べてみましたが、納得できる回答はありませんでした。あれはいったい、何だったのでしょう?
★お答え★
えてぽんさん>泳いでいてちくちくするのは、「チンクイ」です。カニ、エビ、ヤドカリなどの幼生(ゾエア)の俗称です。かにっこでも間違いではないです。日本全国で多いのがヤドカリの幼生で、0.5~1ミリ程度なので見えません。特に大潮の時は多いです。満月の夜の翌日は幼生の孵化が起こるので大量発生します。
対策としては肌を露出しないこと位しかないですねー。赤く発疹したら、副腎皮質ホルモンの軟膏を塗ってください。

チンクイの正体は…


☆ご質問☆
 沖縄本島のリゾートホテルへ行こうと思っています。ホテルによってシュノーケル禁止のプライベートビーチがあるようですが、確実にシュノーケルを自由にできるホテルを教えて下さい。
★お答え★
 原則プライベートビーチではシュノーケルは禁止となっているようです。ホテルに関して言えば確認できたところでは「アリビラ」、「サンマリーナ」そして「ムーンビーチ」が禁止です。「万座ビーチ」は友人はシュノーケルを楽しんだとのことでした。しかし魚等は少ないと思います。


☆ご質問☆
 子供と一緒に海に入ってゴーグルをつけて魚を見たいのですができるのでしょうか?どこのビーチが良いのでしょうか?教えてください。
★お答え★
 お子様連れでシュノーケルを考えてらっしゃるならホテルのプライベートビーチや、ムーンビーチホテルのプライベートアイランドナップ島ツアーというのがあると思いますので、そこでできるかを聞いた方が良いかも知れません。私は個人的に本島内でおすすめのシュノーケルができるビーチとして、瀬底ビーチをあげていますが、ムーンビーチからだと90分くらいかかるかもしれません。設備がそれ程整ったビーチではないですけれど、もしお子様を連れていかれるのなら干潮の時の方が良いかもしれません。


☆ご質問☆
 シュノーケルのことなんですが、うちの5歳の子供がやってみたいと言っているのですが簡単に出来るものなのでしょうか?プールではゴーグルをつけてもぐれるみたいです。私もやったことがないのでわからないのです。
★お答え★
 うちの息子は7歳(小2)で日航アリビラのマリンメニューでやりました。3歳の娘はシュノーケルを始めほとんど出来なかったのですが、メニューによっては4歳からOKでした。又小学生以上ならOKというのもあって、ごめんなさい、シュノーケルが何歳以上は行う場所で確認した方がよいと思います。タダ、フィンの大きさもあると思うので(17センチ以上からしかなかったです)泳げる、泳げないより、サイズがあるかだと思います。
 ゆきっままさんの書き込みより


☆ご質問☆
 5月下旬に本島でシュノーケリングをする予定なんですが、今ぐらいの時期はTシャツに水着姿でOKなんでしょうか?
★お答え★
 5月下旬はもう基本的にTシャツに水着でOKだとは思いますが、まだ梅雨の真最中なので天気が悪いと海に入るのはキビシイかもしれません。まあ、上着に関してはTシャツでいいと思いますでど、薄手の長袖シャツくらいは持っていった方がいいですよ。ちなみに梅雨時は気温以上には暑いですよ(むし暑さが)。
 5月18日~20日まで、沖縄に行ってきました。梅雨の時期だというのに、3日とも、好天気に恵まれました。海は朝方は水が冷たかったですが、10時くらいからは日差しが強いときは随分水温が上がるみたいですよ。シュノーケリングは水着の上にダウンベストのように浮くベスト?を着てやりました。寒かったらしいですが、平気だったみたいです(息子談) 雨が降ったりした時は寒いし、水の中が濁ってしまいますので、シュノーケリングはどうでしょうか? 長袖は寒さの防止というよりも、日焼け止めもかねて1枚持っていったほうがよいと思います。
 ゆきっままの書き込みより


☆ご質問☆
 自分の器材を持っていないので、この機会に買おうか、それともレンタルにしようか迷っています。どこかシュノーケリングセットをレンタルしているお店があったら教えてください。プライベートビーチでなくても、シュノーケルでオススメのビーチがあれば教えて下さい。
★お答え★
 レンタルの件ですが、各リゾートホテルにはシュノーケルツアーのようなものがあって、そのツアーに参加した人のみシュノーケルをレンタルするといったものが多いようです。シュノーケルのレンタルを行っているビーチはどちらかというと島の方が多いと思います。レンタルを行っているところは本島にもいくつかあると思いますが、シュノーケルメインに考えていらっしゃるならむしろ買った方がよいかもしれません。もちろん簡素な物なら現地でも手に入りやすいので、現地についてからでもなんとかなるとは思います。シュノーケルのオススメビーチは、座間味島の古座間味ビーチ、ココが文句なしでNo.1です。阿嘉島の北浜(ニシハマ)がそれにつづきますが、両島とも那覇から船で1時間ほどかかります。あくまでも車での移動を考えていらっしゃるなら、瀬底ビーチが良いみたいですよ。


☆ご質問☆
 初めて、御盆に石垣島に行きます。今から海水浴が楽しみです。シュノーケリングツアーにも参加してみようと思っています。ただ、空いた時間も米原ビーチあたりで、のんびり海水浴ができたらいいなぁ~~と考えていたのですが、水着だけで海水浴するのは、クラゲやウミヘビなどがいて危険と知りました。ウエットスーツやフィンなど、みなさんは持っていくものなのでしょうか?どんな格好で海を楽しめばいいのか教えて下さい。
★お答え★
 海水浴なんかはみんな水着だけですよ。確かにガイドブックに載っている海の危険生物のところなんて読んでいると、ちょっと怖くはなりますけどね。シュノーケルツアーに参加するのならレンタルがあると思いますので、フィンなんかは借りればいいと思います。フィンなんてわざわざ持ってくる人はあまり(というかおそらくまったく)いないと思います。旅行にあまり荷物が多くなるのもいやですものね。


☆ご質問☆
 水納島orケラマだったらどちらがキレイでしょうか?どーしても肉眼で色の付いた珊瑚を見てみたいんです!とはいえ、浮き輪をつけながら顔を突っ込んだシュノーケル(?)は辛いのでこの際体験ダイビングをチャレンジしてみようかとも考えてます。どこか安いツアーをやっているトコあればご紹介ください!また、個人で行った場合、乗船場にレンタカーを置きっぱなしにできるのかその際には料金がかかるのかも分かる方いらっしゃったらお願いします。
★お答え★
 体験ダイビングですか?私は経験がないのでその質問はゴメンナサイです。あとケラマと水納島ですが、両方とも海のレベルは高いですが、シュノーケルと考えた場合にはケラマ、特に古座間味ビーチは別格です。ビーチからエントリーできるシュノーケルポイントとしては、世界でも有数といえるそうです。そう表現すると何やらたいそうな事ですが、考えてみると‘世界に誇る沖縄の海’ですもんね。不思議はないです。ただ料金的にはやはりケラマはお金がかかるのが難点ですね。駐車に関しては、水納島は船着場の辺りに皆駐車しています。自分もそうでした。ケラマの場合は、とまりんの時間貸し(地下にある、1時間?円)駐車場にとめる事になります。こちらは一応管理が行き届いています。


☆ご質問☆
 Monpanokiさんオススメの「古座間味」に興味を注がれるのですが環境が知りたいです。シャワーとか、浮き輪の貸し出ししてるトコ等なりますか!?また、船を降りた後そこのビーチまで徒歩でいけるのでしょうか?
★お答え★
 ビーチハウスがオープンしてるならば、レンタル一式はオッケーですビーチまでは港から船の到着時刻にあわせてバスが出ています。そちらをご利用下さいワゴン車かも知れないので見逃さないように有料のシャワーもあるそうです。古座間味でのシュノーケルは最高ですよ。船はなるべくなら予約しておいた方がいいですよ 前日にでも あとシュノーケルにはソーセージかなにか持って行く事をおススメします 更に楽しめますよ怖いくらい魚が寄って来ます 楽しんで来てくださいね。


☆ご質問☆
 砂辺でシュノーケリングをしたいなーと思うのですが、公共のビーチと違ってシャワーやロッカーのような設備というのはあるんでしょうか?もし無ければ北谷付近で銭湯のようなものはありますか?それと駐車場はありますか?教えてください。
★お答え★
 北谷の砂辺って、海岸からエントリーできる有名なダイビングポイントがあるんですよね。ただ、北谷でシュノーケルっていうのは聞いた事がないし、やってる人を見た事がないんですが、可能なのでしょうか?銭湯についてですが、沖縄は全国でも銭湯が少ない事で有名なところなので、期待は出来ないと思います。シャワーならサンセットビーチに有料(¥100)であるとおもいます。ちなみに、宜野湾にクアハウスがありますが、確か¥1000以上はすると思います。宜野湾バイパスから少し海の方へ入ったところで、天然温泉‘アロマ’といいます。忘れていました駐車場の事ですが、砂辺地区の海岸沿いに駐車スペースがず~っとつづいています。結構車が停まってたりはしますが、私は今まで停められなかったことはないので、大丈夫じゃないかな~っと思います。ロッカーもサンセットビーチならあると思います。


☆ご質問☆
 冬の時期シュノーケルはできるのか?泳いでる人は?
★お答え★
 この時期の沖縄は本土との気温差がもっとも激しくなっているので、それだけで高い満足感を得る事が出来ます、が、さすがに泳げるのは10月いっぱいが限度で、11月上旬なら気温が高くて風がなければ、可能性がないこともないですが12月はもうムリと言い切っても良い時期です。シュノーケリングはあきらめたほうが良いと思います。
 私は去年の11月3日(天気晴れ)にケラマでウェットスーツでシュノーケルをしたんですが、我慢できないほどではないけど、けっこう寒かったです。あと某ショップで聞いたのですが、寒い時期は海面の状況がなかなか安定しないからシュノーケルはおすすめできないのでうちではやってないんですよーってところもありました。シュノーケルは海面で浮いてるからね。ダイビングで潜ってしまえば関係ないみたいですけど。
>きぃちゃんさん
●冬季シュノーケリング

 ウェットは5ミリが欲しいですね。夏用の3ミリとかだと風に当たると気化熱が奪われてかなり寒いです。レンタルのウェットは何ミリがお聞きになった方がいいかと。また、ウエットの下にラッシュガード等を着るとかなり違います。フードもいいです。フードベストもベターっす。ちなみに、私は5ミリのスキン、セパレートタイプのウエットで潜っています。この時期、海が荒れることが多くダイビングでも船が出せずに潜れないこと多いです。波の無いところなら可能でしょう。実は、今の時期は水温の方が高いんですよ。20~22℃位ですので、潜っている方が暖かいのです。寒いのは船に上がって風に当たったとき。気化熱を奪われて寒い寒い。なので、ウインドブレーカーは必携です。頑張ってシュノケーリングしてください!慶良間だと鯨の鳴く声が海中で聞こえるときもあります。
>えてぽんさん