◆「Yahoo!グルメ」をクリックすると各点の地図等、詳細でデータが見ることができます。クチコミ情報もあります。






沖縄そば

旅のメモ 地元のそば店等は基本的に夕方には閉店となる。夕食として考える場合は必ず営業時間を調べておきましょう。

本島北部 名護市 本島北部 大宜味
八重食堂 前田食堂
 名護の市街地にある小さなそば店。注文すると、そばははじめスープが入っていない状態で出てきます。え?と思うかもしれませんが、一緒にやかんが出され、スープはそこに入っているのです。これを好みの量だけかけて食べる、というなかなかおもしろい形式。スープをたっぷり味わってほしいからこの形式をとっているのだそう。実際、あっさりとした塩味のスープはとてもおいしく、いくらでも飲めてしまいそうです。きしめんのような幅広で平たい麺も独特でおもしろい。大きなソーキがごろごろと4つ入っていてボリュームたっぷりのソーキそば大がおすすめです。三枚肉そば・ソーキそば 大:500円 小:400円 aiさん
Yahoo!グルメ
 さすがにこの辺りまで来ると観光客のレンタカーの数もグンと少なくなってくる。ここから先へ向かう観光客はドライブ目的か、北部唯一のリゾートホテル「JALプライベートオクマ」の宿泊客か、ほぼどちらかと考えられる。この店は名護からさらに北へ向かい、さびしくなりかけてきた辺りに位置する。こちらも創業30年以上の老舗食堂。おすすめは名物となっている「牛肉そば」、たっぷりのもやしと牛肉を黒こしょうで炒めたものが麺の上にのっている。麺にたどりつくまでが大変なボリューム感満点のそば。名護まで来たなら足を延ばして食べに行く価値大アリの店。
牛肉そば 550円 不定休

注 地図上で店の場所を間違えているガイドブック有り。橋の手前ではなく、橋を渡った側にあります。
Yahoo!グルメ
八重食堂 前田食堂


本島北部 金武 本島北部 本部
やかそば きしもと食堂
 どのメニューも安く、ボリュームもそこそこあり、非常に美味。ガイドブック等にも時折紹介されている。夜の屋外鉄板焼きも人気があったらしいが、2年程前から夜のその手の(飲酒)のメニューは今はやめてしまったらしい。個人的な好みとして雰囲気最高の店だけに夜間の鉄板焼きその他の営業を是非再開してもらいたいと心から思う。ちなみに「そば」だけでも十分美味しいので是非行ってみてください。店主曰く「土日だけしかつくらないそばもあるから、今度は土日に来て見てね。」
国道329号線沿い、店はしっかり見てないと見落としそうだが目印はガソリンスタンド。隣にある。
 本部半島のみならず、沖縄で一番有名なそば店と言っても過言ではない。那覇からもわざわざ食べに行く人もいるほど。創業から100年近くとなる昔ながらの味、ダシがしっかりと効いていて美味! 県内在住の知人いわく、「この味はその内味わえなくなるだろう。」 県外からの観光客いわく、「今まで食べたそばの中でナンバー1。」と絶賛の声も多し。店内は15〜6人も入れば、いっぱいになるという狭い普通のありふれた食堂。地元客とガイドブック片手の観光客で常に満席状態、売れきれる前に早めに足を運ぼう。 八重岳店もできた。
Yahoo!グルメ
Yahoo!グルメ(八重岳店)
やかそば きしもと食堂


本島中部 読谷 本島中部 恩納
花織そば 恩納そば
 リーズナブルでボリュームも満点、その上味も良し、定食類も豊富にあります。場所は読谷村、国道58号線伊良皆交差点から6号線に入るとあります。場所的に日航アリピラや残波岬ロイヤルに泊まっている人は特に行きましょう。
ちなみに「はなういそば」と読みます。

Yahoo!グルメ
 ホテルムーンビーチやサンマリーナホテルのそばにあり、近辺のリゾートに泊まっている人には最高の立地。そば屋というより沖縄の居酒屋に近い。雰囲気も味も値段もよし、オリオンビールの生がまた格別。散歩がてら夕食に出かけるのに最高の場所。オキナワ初心者にもおすすめ!
Yahoo!グルメ
花織そば 恩納そば


本島 名護・コザ・他 本島中部 北谷
我部祖河食堂 そば・てびち専門店 浜屋
 今では沖縄そばの定番メニューのソーキそばですが、このソーキそばの発祥の店がこちら。ソーキそばは特大700円、大600円、小500円と種類があるがバランス的には大がお得か? 名護店は混雑している場合あり。名護店、バイパス店、コザ店、浦添店、西原店と各地店舗がにあるが、味が店によって違うという噂があるらしい。噂の真相はいかに?お腹に自信のある方は確認してみたら?
Yahoo!グルメ
 北谷の砂辺・宮城海岸の防波堤近くにある店。浜屋そばの軟骨ソーキはとても柔らかく、スープもあっさりとしていて美味しい。浜屋そば(大)400円、(小)300円、てびちそば600円、ゆしどうふそば450円,など。砂辺にダイビングにくる人たちにも人気のおみせである。おすすめスポットとしても紹介している砂辺エリア、防波堤のカラフルペインティングを見に来たら是非立ち寄ってもらいたい。
Yahoo!グルメ
「特大、大、小」のソーキそばを並べて 浜屋


本島南部 東風平 本島 那覇・北谷・名護・他
信ちゃん食堂 鶴小(ちるぐゎー)
 南部の東風平にある店。おすすめはソーキそばと肉そば(共に600円)味、量ともに申し分なく、誰もが充分満足できる。それなりに有名食堂ではあるが、客層はほとんど地元の常連で占められる。東風平という比較的地味な場所にあるがおきなわワールド等南部観光の際立ち寄ってみましょう。507号線沿い、東風平北交差点付近、南部に向かって左側です。看板を見落とさないように(体験談)
※この店の人気のひとつは店長であるおばちゃんの人柄と言われているが、個人的な経験(ちょっとしたトラブル)を通じて、なるほど納得できました。
営業時間 10時〜21時 無休
 一度食べたらやみつきになる人と、特においしくも、まずくもないという人と必ず2つに意見が分かれる「沖縄そば」。基本的には食堂等で食することをオススメするが食堂よりもファミレス系で「沖縄そば」を食べたい人、「そば以外の普通のもの」を食べたい人には、この店がいいかも。那覇、北谷、名護等に店舗がある。店内に入ると琉球衣装を着た店員が「メンソ〜レ」と出迎えてくれます。沖縄に来たら「沖縄そば」は最低一回は食べないと・・・。「沖縄そば」はとてもリーズナブルな値段で、かつ、ちょっとしたプラス料金で「ソーキそば」、「野菜そば」等へとボリュームもアップ。小腹が減ったら食してみよう。
Yahoo!グルメ
信ちゃん食堂 鶴小(ちるぐぁー)


本島 那覇
てんtoてん
 その店にたどり着くには、那覇市郊外に入り住宅地や墓地などをずんずん進まねばならない。例えば私の出かけた4月初旬などは、店の少し手前の道路に、たくさんの路上駐車の車と重箱を抱えた家族連れが大きな石の塊に向かってぞろぞろと歩く姿が目に入った。シーミー(清明祭)と呼ばれる先祖の墓参りだということを後になって知り、大きな石の塊はお墓だということを教えてもらった。そんなよそいきじゃない、沖縄の人達の生活の中にその店はある。その場所にぴったり馴染んでしまっていて、およそそば屋っぽくない外観の為、初めて行く人には少々わかりづらいかも知れない。店内は明るく、天井は高め、窓からはさんさんと光が差し込む。靴をぬいでフローリングの床にどかっと座り、そばが出来るのを静かに待つのだ。ここの麺は生麺で注文が入ってから茹で上げる。そしてそばのつなぎには昔ながらの灰汁を使用している。一般的なそばの作り方は、そばを茹で、油をまぶし自然冷却。それを湯通しして汁にくぐらす、そして最近はつなぎにはカンスイを使用する店も多いらしい。果たして、他のそばとの味の違いはこういったところからくるものなのだろうか?そば通の人もそうでない人もぜひ体験して頂きたい。食後には「ぶくぶく茶」という、その昔お祝いごとの時に飲まれたというお茶を飲みながら、ゆったりとした時間を過ごしてほしいと思う。 nyaさんYahoo!グルメ
てんtoてん


カフェ


本島北部 本部 本島北部 本部
茶房 ぬぅーは ピザ喫茶 花人逢(かじんほう)
 癒し系カフェ。風鈴の音が何とも言えず時間を止めてしまったかのような錯覚をおぼえる。甘味はどれも◎。おすすめは氷マンゴー、タピオカ、ミルク金時等々。
注:12時〜日没まで 月・火・水は休み

本部周辺にはいわゆる癒し系カフェというものがたくさんあります。HP上でもいくつか紹介してきましたね。
グラスアート&カフェ藍…北部東海岸にある絶景カフェ。メニューが豊富でジュース類も美味。
↓に似た雰囲気の癒し系カフェ「小春屋」もあります。こちらも雰囲気良しだが甘味は「ぬぅーは」が上かな?
Yahoo!グルメ
 やんばるの高台にある眺望豊かな喫茶店。庭先から見下ろすと伊江島、瀬底島を望むことができる。ピザをはじめ軽い食事等もできる。店内はもちろん、メニューにはさりげなく花が添えられとってもお洒落。こちらも庭先で食事を楽しめる。小さな看板を頼りに車がすれ違うのも大変な坂道を登ってったところにある。「花人逢」とは花のようなやさしい人にいっぱい出会えるようにと花を人にたとえて名づけられたそうです。我がHPで初めて紹介した時は、まだガイドブックにも掲載されていませんでしたが、今では超有名店です。

◆「花人逢」への行き方のヒント
 渡久地港、本部大橋を渡りモトブリゾートを右に曲がる。道の脇にある小さな看板を頼りに坂道をひたすら登っていく。ポイントは下線部、これをクリアすれば目印は見つかるはず、あきれめずにトライあるのみ。
Yahoo!グルメ
ピザ喫茶 花人逢(かじんほう)


本島北部 大宜味 本島北部 本部
小春屋 やちむん喫茶 シーサー園
 やんばるの森にかこまれた静かなカフェ。あいていたらぜひテラス席に座ってみてください。緑がいっぱいでとても気持ちがよく、野鳥のさえずりが聞こえ、時々猫が遊びに来る、ほっとできる空間です。やんばるドライブの途中、黄金(くがに)ジュース(シークワサージュース)を飲んで一息入れたい。場所は住宅地の奥の方で少々わかりにくいですが、がんばって探しましょう。 aiさん
Yahoo!グルメ
 南部の人気店が「浜辺の茶屋」なら、北部の人気店はココ。本部半島の伊豆味、山の中にあり、探し出すのに多少苦労するかもしれないが、行く価値は充分ある。半オープンエアーの2階でコーヒーを飲んでいると時間が止まったかのようである。
Yahoo!グルメ
やちむん喫茶 シーサー園


本島北部 名護 本島南部 玉城
見晴らしカフェ 高原の風 浜辺の茶屋
 観光ルートから外れた通りの緑の多い民家の屋上で開設している癒し系の店。心地よい風が通り抜け、雰囲気も良い。タコス500円が空腹時には少々物足りないが美味。タコスの皮はパリパリ系ではなく、しっとり系。おすすめです。
許田インター下の許田新橋交差点を東方面へ、すぐ。
 穴場とはいえない超人気店。雰囲気、窓からの景色ともにGood! 南部(玉泉洞王国村等)に行くなら、立ち寄ってみよう!ハーブティー(スコーン付)¥500 お隣には某有名演出家○○○○さんのお宅があるのは有名なお話。
Yahoo!グルメ
高原の風 浜辺の茶屋


本島南部 糸満
茶処 真壁ちなー
 お店に置いてあったチラシに「古い家(築・明治24年頃)でくつろいでみませんか?」とあるように赤瓦の伝統的な琉球風の家造りの食事処。コーヒー、紅茶から沖縄そばセットまで軽い食事を楽しめる。周りもとても静かな雰囲気でゆっくりと食事を楽しみ、沖縄の伝統を味わうことができる。店の庭先でも食事ができるので晴れた日などはそれも楽しいかも。我がHPで初めて紹介した時は、まだガイドブックにも掲載されていませんでしたが、今では超有名店です。

◆「真壁 ちなー」への行き方のヒント
 那覇から県道7号線を南下して米須交差点手前、真壁を右折する。集落の中に入って行った所にある。途中には看板があるのでそれを頼りにしてください。
Yahoo!グルメ
茶処 真壁ちなー