沖縄リゾートウェディング
を探すなら…ゼクシィnet









沖縄ツアーランキング
ツアー予約・人気ホテルランキング


激安本島リゾート
本島リゾート3・4・5日間プランの激安ツアーをピックアップ!

激安那覇ツアー
那覇2・3・4日間プランの激安ツアーをピックアップ!
格安往復航空券
往復のフライトに宿泊が一泊ついたツアーです。

沖縄格安レンタカー

沖縄ツアーランド




 何度目かの沖縄、リゾートホテルでの優雅な旅もいいけれど、沖縄にはリゾートホテルでは決して味わえない「良質な旅」を提供してくれる様々な特色を持った宿がいくつもあります。最近では雑誌等で特集を組まれたりして有名になってきたものもありますが、元々は口コミ等で広まったものがそのほとんどです。これから紹介するところは、その中のほんの一部ですが、実際に自分で宿泊して気に入ったところで、常宿になりつつある宿もあります。
 「このような宿に泊まってみたいとは思っているが、格安航空券を使用しても、結局パックツアーの代金の方が安くあがるので」という理由で見送られている方も大勢いると聞きます。この点では私も同様、最大の壁となっています。その壁をどうやってクリアしていくかという方法も最後にのせたいと思っていますので、関心のある方はどうぞそちらも参照して下さい。
 リピーターの方、決して夏と海だけではない沖縄、地に足をつけた旅をしたい方、参考までにどうぞ。なお、小規模の宿とあなどるなかれ! これらは全て設備等は完備、部屋もビジネスホテルでは比較にならない広さ。下手なリゾートホテル顔負けの居心地の良さがあります。ちなみに宿の規模を考慮し、今回は○、×形式にはしないのであしからず。


旅の宿 らくちん 旅の宿 らくちん
那覇市 辻町
 2005年4月にオープンしたプチホテル。沖縄のホテルには珍しく大浴場完備。シングル・ツイン・ダブル・和洋室と客室タイプはバリエーション豊か。朝は軽食(トースト・コーヒー)が無料サービス。
 那覇の辻(ステーキハウス街で有名)に立地しているという理由のため(比較的ホテル等が少ない歓楽街にある)、料金も安めで部屋も広く、清潔で居心地が良い。夕食には、近辺にステーキ街や居酒屋等もあり、困ることはない。
 1泊 4〜5千円。国際通りなどにこだわらなければ非常におすすめ度は高い。宿の方も感じのよい人が多いので、これから徐々にリピーターも増えていくと思われる。


浮島タウンズ旅館(旧新金一旅館)
※08年8月にて閉館しました
浮島タウンズ旅館(新金一旅館)
那覇
旅館という名はついているが、マンションを改造した宿。もちろん個室、マンションの一室を利用しているので自分の家のような感覚で利用できる。宿というよりワンルームマンションである。更にこの宿の最大の利点は、その立地にある。国際通りのすぐ裏手、市場からすぐのところにあるので、宿の周辺もディープなアジアの雰囲気満点である。西海岸のリゾートホテルと那覇のホテルを組み合わせる旅行者には、これ以上の宿は無いと言える。
駐車場無料(要予約)
素泊まり 1人 2980円 2人以上 2800円(アウトバス)
インバスはプラス600円前後(?)
朝食 プラス 600円 (ボリューム有り、人気高し)

※ 個人的に那覇の常宿となっている。国際通り、公設市場へは2、3分という好立地。しかも、国際通りからは道ひとつ入るので、騒々しさもなく落ち着いています。国際通り、公設市場で楽しみたい人にはおすすめの宿だと思います。旅館の人もとても親切で、自分の趣向(例えは、沖縄料理が食べたいとか、雑貨を見たいとか)を言えば、それに応じていくつかのおすすめのお店も紹介してくれます。 kuro

※個人的には立地条件もよくて、那覇泊での安宿としては、とても便利でおすすめできる宿でしたが、08年8月で閉館となってしまったようです。とても残念です。


柏青荘 柏青荘
那覇
上記の「新金一旅館」と同じ建物内にある。(新金一はフロントが1F、柏青荘は3F) 部屋数は全部で9(新金一は34)と少なく、バス付きの部屋は1つしかない。料金的には柏青荘の方が安めに設定されているがエアコンが有料だったり(新金一は無料)となるので、ほぼ同一と考えてもよい。
結構メジャーになりつつある新金一旅館に対して柏青荘はまだまだあまり知られていませんが、リピーターは増えてきているようです。
素泊まり1泊 2500円
 1つしかないバス付きの部屋、実はこれがねらいめ! 新金一に何度か宿泊したことがある人なら分かると思うが、同じバス、トイレ付きの部屋でもいくつかのタイプがあり(料金は同じ)、運が良いとソファー付きの広めの部屋になることがある。(その他の部屋が決して悪いというわけではないが…) その運が良いと利用できるという広めの部屋のタイプが実は柏青荘唯一のバス付きの部屋と同じタイプなのである。
柏青荘の唯一のバス付きの部屋、狙ってみたい方はお早めに!
ちなみにオーナーか従業員の方は見た感じちょっと怖そうな感じですがご安心を。全然そんな感じなかったです。
理由は分からないが通称「台湾宿」と呼ばれていることもあります。
ソファー付きの部屋の様子 バス・トイレ共同の部屋の様子 共同スペース


民宿 海山木(みやぎ) 民宿 海山木
国頭村 奥
 沖縄本島最北端の奥という集落にある超人気の民宿。夕食時には名物オーナーによるしきりで旅行者間による交流はばっちり。茅葺屋根で出来ている建物のまわりは熱帯植物に囲まれて無造作ながら朝の雰囲気等、バリ島やタイのバンガローに泊っているかのよう。食事は質・量とも申し分なく、朝食もワイルドな雰囲気とは相反して上品な感じ。女性客の利用にも配慮しているため、風呂・トイレ等は特に非常にきれいにしている。8畳大の部屋が2つ、少々狭めの部屋が1つ、洋室(ツイン)が1つが基本である。(少し歩いた場所に離れと呼んでいる民家もあるが基本的に使用していない) 8畳大の2つの部屋がとにかくおすすめだが、宿泊人数によって割り振りを行うため、部屋のリクエストは受け付けていない。1泊2食で5千円。
 沖縄で1番の人気民宿と言われているのでご予約はお早めに。ただし交流メインの宿といった感じなので、万人向けということではありませんので、念のため…。


デイゴホテル デイゴホテル
沖縄市(コザ)
中央パークアベニュー裏手 駐車場無料 全40室
シングル 5650円〜 
ツイン 1人4900円〜プラス 2000円で夕・朝食付き
tel 098-937-1212
1966年創業、アメリカ人向けのホテルとして誕生したため部屋もベットも広め、雰囲気もレトロなアメリカンムード満載!現在は家庭的なムードでリピーターの多いコザの人気宿である。隣の北谷町の発展に反比例する形でさびれてきてしまっているコザの町、このような雰囲気を持った土地は日本国内では他に類をみないので、この町が元気が無いのはさびしい限りである。この宿を拠点として沖縄をまわるのもまた、沖縄の別の顔を垣間見ることができ、違った旅を演出してくれることでしょう。
想像していたより部屋は広く、とても落ち着いている雰囲気がある。リゾートホテルといった感じではないが、旅の宿として利用するには料金もリーズナブルで、充分満足できるホテルだと思う。北谷に出かけるにも、さほど遠くなく、また、コザのディープな夜を思いっきり楽しみたい人には最高の場所にあるのでおすすめの宿。 kuro


キャッツイン北谷
北谷町 砂辺
数年前から一大開発により大ブレイクとなった北谷町美浜。そちらを対岸に見すえた(一応徒歩圏)大人のムード漂う砂辺地区に、こちらのホテルは立地する。ホテルのすぐ前には防波堤が続いており、雰囲気抜群のレストランやバー等が続く。ここに宿を取り、夜は防波堤を海風にあたりながら散歩する心地よさは、リゾートホテル等では決して味わえないものがある。部屋はもちろん、バス、トイレ付き、広さもビジネスホテル等よりもはるかに広く、可愛らしい雰囲気のホテルである、ミニキッチンも付いているが、チャラチャラしたペンション風ではないところがまた良い。ダイビング利用者も多い。
全16室 駐車場無料素泊まり ツイン1人 5000円〜 朝食 プラス500円


キャナック
北部 本部町
貸し別荘 1棟6名まで 30000円 6名以上 1人1000円 (オフシーズン 25000円)
場所は当ホームページ、沖縄のおすすめショップで紹介している「花人逢」のそば、高台に立地。
tel 0980-47-2233 (出ない場合もあるが、あきらめずにこまめに電話しましょう。)
100年以上も前に造られた琉球赤瓦家を移築し、貸し別荘として使用している異色の宿。ふすまで仕切ることのできる部屋が4部屋あるので多人数での宿泊も可。夏でも快適に過ごせる程、風通しも良く、リゾートホテル等では決して味わうこの出来ない最高の気分を満たしてくれる。少人数(2人等)で宿泊するとなると、結構値が張るが、旅の一生の思い出となるのでは? 昨今の癒しのブームにより、人気も急騰して、雑誌等でもかなり見かけるようになった。著名人等も多く利用している。なお、トイレと風呂だけは今風に増築してあるのでご安心を! 縁側に座って最高の時間(とき)を! 超おすすめ!
※注  他にログハウスや木造ロッジがあるが、絶対に赤瓦家を!
ジェットバス付き風呂 入浴剤完備、洗い場も広い 室内の様子 庭の様子 バーベキューもOK
写真提供 Rika Matsudaさん


プリンスプラージュ沖縄 プリンスプラージュ沖縄
恩納村
 恩納村で一番賑やかな、ムーンビーチ前に立地しているリゾートマンション。ここを宿泊施設として利用できることを知っている人はほとんどいないという、まさに穴場中の穴場! どのガイドブックを探しても絶対に載っていない(たぶん)。通りがかった時に、たまたま見つけたもので、実は私もまだ泊まったことがないが、次にリゾートホテル以外で恩納村に泊まる時は絶対に泊まってみようと思っている。よかったらお先にどうぞ!
◆ルームチャージ
オンシーズン 8000円 オフシーズン 7000円
(過去の料金設定なので変更しているかもしれません)
貴重なtelは? 098-965-6161 です。
 昨年のGWに2泊しました。HPはなく、電話予約のみです。キャンセルチャージは1週間前からかかります。フロントはありましたが、夕方5時に閉まってしまうので、なるべくそれまでにチェックインするように言われました。部屋には人数×宿泊数分のタオルがあらかじめ置いてあります。ですから、5泊だと山積みになってるかも^^; 
 部屋はマンション風(というか、そのもの)ですが、バス・トイレ・洗面はすべて分かれていて、使いやすかったです。ロケーションはベストです!外食に困ることはないですよ。ご参考まで。詳細はやはり直接問い合わせられたほうが良いでしょう。支払いは、チェックイン時に一括払いでした。カード不可、現金払いです。
>1.ビーチ用のタオルは持参した方がよいですか?
私はビーチ用タオルは持参する派、ですが、問題ないと思います。プリンスプラージュ内にはコインランドリーもありました。
>2.ガス使用不可とのことでしたがトースター、コップ、皿、箸、フォークなどはありましたか?
なかったように記憶しています。しかし、ガス使用不可だったんですねぇ〜!連れがお湯わかしてカップラーメン食べてました・・・^^;
>3.近場でお勧めのビーチ、お店がありましたら教えてくださいませ。
熱帯魚が好きなので、いつも瀬底ビーチか慶良間へ行ってしまうんです。近場のビーチはくわしくないです、ごめんなさい。お店ですが、居酒屋なら「つばき」。ホテルを出たら、58号を南へ歩いてすぐです。おいしかったですよ。飲めなくてもたのしめます。Tシャツを買うなら「HABUBOX」。さらに南へいくとありますよ。
>RINGOさん


サンセット美浜
北谷町 美浜
別名が沖縄国民年金健康センターで、言わずと知れた「公共の宿」というやつである。県内外を問わず、今や沖縄ナンバー1となった人気エリア、美浜アメリカンビレッジ。この宿はそこに徒歩で数秒という距離にある。北谷唯一のホテルと言っても過言ではない。公共の宿と言っても建物はモダンな造りで、アメリカンビレッジの雰囲気を損なうようなものではなく、設備も部屋もリゾートホテルそのままである。大浴場が付いているのは、なかなか有り難い。
ただ難点2つばかり、
1 夏利用者にレジャープールがあるが、宿泊者も有料で、かつ、あくまでもファミリー向けであるということ。リゾート気分でプールに行くと悲しい目にあいます。
2 サービス体制が悪い意味で「公共の宿」であったということ。内容は書きませんが、そのことは強く感じました。
※1 立地もさる事ながら、公共の宿という事で早くからの予約が必要です。宿泊客はやはりファミリーが多く、地元率はおそらく90%以上と思われます。
※2 北谷町の美浜にホテルが出来るということで、この宿は建設時から狙っていました。パックツアーでは使用しない、そして沖縄つうのリピーターからも、おそらくは無視されているだろうこの宿に泊まったという妙な満足感はあります。(立地と部屋は最高ですよ!本当に!)
全21室 (和室、洋室、和洋室あり) ツイン 6700円〜 (朝食付き)
tel 098-926-4700



ウエストコースト ウエストコースト
阿嘉島
ログハウスの洒落た雰囲気の建物。主たる客層はダイバーであるが、一般客も宿泊可能。部屋数は2段ベットが2台の部屋が4つ。基本的に男女別の相部屋となる。目の前にはビーチが広がり最高のロケーション。オープンデッキには露天風呂がある。夜はスタッフの方や他の宿泊者と共に食事、泡盛を飲みながら交流を深めることが出来る。シャワー、トイレは共同。
1泊2食7000円、3食7500円
 オープンデッキが囲む開放的な造りで、デッキに横になったり、目の前のビーチをのんびりと眺めたり、ましてや露天風呂(水着着用)に入りながらビーチを眺めたりと最高の島時間を過ごすことが出来る宿。基本的には4人以下だと相部屋となるが宿泊客が少なく、部屋に余裕がある時は上手に部屋割りもしてくれているようです。混雑時はダイバー優先となるようだが、一般客は連休の後が狙い目だということです。食事する場所は基本的に下の中央の写真の中庭にある建物。冬でもここで食事を取るとのことでした。(「上着を着ながらね…」と常連の人は笑ってましたけど。)ベットのある部屋は狭いので寝る場所と割り切って、開放的な空間を楽しむことがベスト。しかし開放的な造りは天気が良い時には最高なのだが、雨天時などは逆に居場所がなくなってしまうのがマイナスポイントかもしれません。知念村にある「ポランの広場」と同じ建築士さんによる建物だということです。
室内の様子 中庭 デッキにある露天風呂


民宿 ロビンソン 民宿ロビンソン はなれ
座間味島
座間味港から少し離れた阿真地区にある。港から離れているので静か、阿真ビーチへも散歩に行ける距離にある。宿は本館と新館の「はなれ」があり、はなれの方にはミニキッチン付きの部屋もあり自炊も可能。シャワー、トイレは共同。ダイバーが多い座間味島の中でもこちらの宿は無人島渡し等シュノーケリングを取扱っている宿なのでダイバーでなくても安心。食事は魚をメインとした沖縄家庭料理。すぐ近くに商店があるのもとても便利。
1泊2食5500円
 ダイバー中心の島ではダイバー色の強い宿は家族連れやダイビングを目的としていない人にはなかなか泊りづらいもの。こちらの宿は夏のシーズンはシュノーケリングを楽しませてくれる宿としてノンダイバーや家族連れでも安心できる宿です。はなれに宿泊しましたが、目の前の広々とした庭は開放感があり、立地的にも静かなところにあるのでベットで横たわりのんびり過ごすのもなかなか。食事はテラスにて他の宿泊者と一緒。本館から来た宿泊者や宿のスタッフとゆんたくしたりもしますが、離島の宿によくある強制的なものは全くないので、ゆんたくに加わったり、別行動したりしても居心地は悪くならないので安心できます。


ペンションクルー リゾートペンションクルー
宮古島 平良市
パイナガマビーチまで徒歩1分程。1名〜10名対応の部屋がある。とにかく各部屋が広い。コンビニや食堂も徒歩約1分の所にあり、市街地まで徒歩で約5分程なので市街に出かけていって食事することもできる。
 宮古島はリゾートホテルクラスの宿泊施設が少なく、あっても宿泊料金が高かったり、市街地から遠かったりと宿泊施設を選ぶのに苦労します。市街にあるシティホテルとなるとやはり部屋の狭さや騒々しさなどが気になりますね。この宿は部屋がとにかく広いのが特徴で家族連れやグループにはおすすめです。部屋が複数に分かれても一つの部屋に集まっても問題ないくらいです。バス・トイレ、クーラー、冷蔵庫など設備もしっかりしています。宿の周りにはコンビニと食堂がありますが、基本的には集落なので夜も静かです。ベランダも広いですが物干しするための備品がないので物干しロープ等を準備しておくとよいです。連泊時の部屋の掃除・ベッドメイキングもありました。マイナスポイントは朝食が系列ホテル(セイルイン宮古島)へ車で送迎(約5分程)で移動、食事時間30分となっていること。リゾートホテルやシティホテルの接客サービスや施設を求めない人はこの宿はとてもおすすめだと思います。
ベランダからの眺め・パイナガマビーチ 室内の様子1 室内の様子2


ゲストハウスゆくい ゲストハウスゆくい
宮古島 平良市 狩俣
宮古島北部、池間大橋に近い狩俣集落にある宿。夜は宮古名物オトーリで盛り上がることもある。県道沿いに購買組合(商店)がる。宿の敷地内に飲み物の自動販売機もある。
1泊2食 6000円 空港までの無料送迎あり
 狩俣集落内にあり、夜は集落の人が飲みにやってくる店となっているので、宮古島名物のオトーリで盛り上がることもあり、参加できることで人気の宿泊施設。トイレ・シャワーは共同。湯船がある風呂もある。部屋にはクーラーもあり、清潔感もあります。のんびりできること間違い無し。食事が終わると泡盛「千代泉」の一升瓶がドン!と置かれ飲み会が始まる。一本飲み干すとまたさらに一本と・・・。ちなみにこの泡盛はストレートではなく薄めてあるのどご安心を。食堂だけでなく天気が良ければ庭にあるベンチで飲むこともできます。オトーリは必ずあるわけではなく、別に参加しなくてもかまわない。夜、宿に飲みにやってくる人はなかなかの個性派ぞろいで一緒に飲むのも楽しいようだ。地元の人と会話をすると美味しいお店やお得な情報を入手することができるのがうれしい。個人だけでなく、家族連れ、カップル、グループと幅広く利用され常連が多い宿である。
室内の様子・大部屋 食堂 夕食のメニュー


大浜荘
竹富島
竹富郵便局の隣に位置する。バストイレ付の部屋あり。商店を併設しているので便利。「丸八レンタサイクル」とは親戚のため割引あり。
 旅行会社のツアーに宿泊利用施設として組み込まれているものがある。そのためか個人的に予約を入れる場合、一人の場合は断られることがあるようです。ツアーの場合は一人でも問題ない。
 下の写真の部屋は四畳半の和室でバストイレが付いている。シャワーが使える時間は決められている。食事は食堂で食べることになります。庭にはテーブルがあり、食事後のゆんたく等で利用することができる。商店を併設しているので、食事後ビール等を購入するのもとても便利です。
四畳半の部屋 食堂 ある日の夕食


民宿 のほ 民宿 のほ
伊平屋島 野甫
 野甫大橋を渡ってすぐ右手にある。道を挟んですぐ目の前には良質なビーチが…。部屋は畳6畳程度でトイレ・シャワー付きの部屋あり。部屋も清潔できれい。トイレ等も水洗できれいになっている。バスタオル・タオル付き。クーラーもコインクーラーではなく、部屋にTVもある。ビアガーデンを併設していて夕食時はここで食せる。1泊2食付いて5000円程度なので、食事はまあ、それなり…。基本的にファミリーにもおすすめできるので是非ご利用ください。
 唯一の注意点:食事の時に値段を知らずに注文した泡盛。ジョッキに入っていてそれなりに量も多いが値段も…だった。やはり注文する時には値段を確認してから…これ基本ですね。


最後にこれらの宿に泊まる方法
1 手っ取り早いのは、最近多くなってきたバーゲンチケット(航空券)の活用。超割、バースデー等。なお、これらのチケットを購入しても、単独旅行以外ではそれでもパックツアーの料金のほうが安く上がる場合あり。(日程、日数にもよるが・・・)
2 ツアー日程3日間以内なら、邪道(もったいない)ではあるが、那覇市内のビジネスホテルを利用した最も安価なツアーを申し込み、現地で宿泊だけキャンセルする。注 旅行会社ではキャンセル出来ないので(航空券とホテルがパッケージとなっているので、ツアーそのものがキャンセルとなるため)、現地で直接ホテルに連絡する。(もちろんお金は戻ってこないが・・・)
3 ツアー日程4日以上なら・・・、3日間のツアーで帰りの飛行機だけを延長(スライド、飛ばしとも言う)可能なアレンジの効く旅行会社、ツアーを選択する。この方法がベストではあるが、ツアー選びにはかなり手間隙がかかる。パンフレットを出している大手の会社では、航空会社系の割高のツアー以外ではフライトだけの延長はほとんど×。
 ここでおすすめ 唯一「JASナイスウイング JASスタイル」というツアー(本家JASの沖縄ツアーの裏のツアーといった感じ、旅行会社の店頭に飾ってない場合が多いが、必ず置いてあるはず、店員に聞いてみましょう。)これはフライトが選べてアレンジも効いて、料金も安めなのでかなりおすすめ。他には旅行雑誌に載っている中小様々な旅行会社に聞いてみる。(ダメな場合の方が多いが、いくつかの旅行会社はOK! 無料の場合もあり、料金がかかる場合もあり。) とにかく大変ではありますが、がんばってみましょう。